ホミニゼーション

生まれた時から ぼくらは主人公だった
動物でもなく神様でもなく ぼくらは人間なんだ

サルと人類はかつては同じだったんだ
500万年前に遡る
ずいぶんと昔だね

「明日のために 今何をする」
やがて人間は二本の足でトコトコトコトコ

現在過去未来と思考を往来して
欲望さえもカテゴライズされて猿人はどこへ向かうの?

きっとおサルさんと人間の本質は何も変わらないまま
チンパンジーの届かないところは空の彼方

塗りつぶしてるんだ頭蓋骨の内側を
人間というペンキをつけてべたべたべたべた

地球の手のひらでぼくらは踊ってるんだ
やっぱりぼくらは動物なんだ 一生動物なんだ

ずっと前からぼくらは
何者にもなれないって知ってたんだ
ホミニゼーションの最終段階は宇宙の彼方

にんげんは戦争をする
環境を破壊する
欲望は止まらない
だっておサルさんなんだもん

きっとぼくらはずっと この先も考え続けるんだ
それこそつまり人間らしいってことなの?

ねえ いつかは人間も愚かな争いがなくなって
チンパンジーの届かないところへいけるかな

作詞作曲:隼マサカド

back to song menu