とくべつなかえるのうた

山間の寂れた一本道 実験場へ向かう小さな影
ねずみのキャラクターが描かれたナップザックの上から
蠢くそれ そっと 摩って

実験場は無数のかえるが妙な感じで死に絶えてた
ケーブルで繋がれた かえるとかえる
ねずみの洋服にされたかえる

彼の頭んなかに住みついた「蟲」が騒いでた
誰も気づかないよ 傍目には凡庸な幼稚園生 ららら

ナップザックの中から出された
でっぷりと太った一匹のかえる
実験を始めた少年はペンギンみたいな目になった

でも知らないこの遊びが
今日で終りになっちゃう 終りになっちゃう
終りになっちゃったね

「蟲」を食べられた少年は今では大人になって
傍目には凡庸なイカれたおじさん
空っぽの頭ん中には かえるが住んでました

かえるのうたがあたまのなかでひびきわたるよ ららら

作詞作曲:隼マサカド

back to song menu